Lockheed P-38 Lightning

Title P-38
Author pinky
Website -
dff size1,342KB
Base rustler
DOWNLOADp-38.zip
Remarks -

初飛行 : 1939年1月27日
運用開始 : 1941年9月

ロッキード社が開発した迎撃戦闘機
高速・重武装を目指し双胴型という珍しい設計が採用されているのが特徴
第二次世界大戦では、日本海軍連合艦 隊司令長官山本五十六の乗った一式陸攻を撃墜した機体とされている

機体形状から分かるように、格闘戦では他の戦闘機に劣っているため
一撃離脱戦法のみ有効な戦法だった


性能諸元 (P-38L)
 乗員 : 1名
 全長 : 11.53m
 全幅 : 15.85m
 全高 : 3.91m
 翼面積 : 30.43m²
 空虚重量 : 5,800kg
  通常離陸重量 : 7,940kg
  最大離陸重量 : 9,798kg
 燃料容量:-kg (-L)
 発動機 : Allison V-1710-111/113 液冷V12気筒ターボスーパーチャージャー×2基, Dry 1,725 hp(1,194kW) each
 推力重量比 : 0.16

 最大速度 : 712km/h
 航続距離 : 2,100km
  フェリー飛行時 : 3,640km
 離陸滑走距離 : -m
 着陸滑走距離 : -m
 実用上昇限度 : 44,000ft
 最大G : -

武装
 固定武装 : Hispano M2(C) 20 mm 機関砲x1 150発
       M2 Browning MG53-2 50口径 12.7 mm 機関銃x4 各500発
 最大兵装搭載量 : -kg
 ハードポイント数 : -

 ロケット弾
  M10 3連装 112mm ロケットランチャー 4基
  127mm HVAR(High Velocity Aircraft Rocket)10発
 爆弾
  2,000lb, 1,000lb, 500lb, 250lb

P-38 初期生産型。最高速度:630km、全備重量:6,900kg、武装:37mm 機関砲x1、12.7mm 機銃x4、生産数:30機
P-38DP-38に防弾燃料タンクを装着
P-38E実戦投入を想定し、プロペラをハミルトン油圧式からカーチス電動式に変換
1941年10月に量産機がロールアウト。生産数は210機。
生産された機のうち半数以上が武装をカメラにした偵察機に改造され、F-4と名づけられた
P-38F1942年4月より生産開始。合計2,000ポンドの爆弾か燃料タンクを搭載するために
爆弾倉を双胴に設置し、空戦フラップを装備。生産数は527機
P-38G1943年前期頃から1,082機が生産された。1,400馬力のエンジンと性能向上した通信機を搭載
P-38H発動機出力:1,425馬力、航続距離:3,640km、爆装:1,450kg
P-38Jインタークーラーの位置の変更、電動式ダイブブレーキを装備。1943年8月に生産開始。生産数は2,970機
P-38L最高速度:667km/h、発動機出力:1,600馬力、航続距離:4,180 km
P-38シリーズで最多の3,923機が生産され、油圧ダイブフラップと補助翼を装備している
P-38M夜間戦闘型。レーダーを装備し、レーダー手席を設置


「Grand Theft Auto」は「Rockstar Games」様の登録商標です

inserted by FC2 system